東京で交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談@東京駅

交通事故の治療費の打ち切りに遭った場合は弁護士に相談

1 治療費の一括対応とは

交通事故に遭い怪我をすると,被害者は,病院で治療を受け,病院に対し治療費を支払い,治療費を支払うこと等で発生した損害を交通事故の相手方に請求することになります。

ただ,被害者の方自身が病院に治療費を支払わないといけないとすると,一時的ではあるとしても被害者の方自身が治療費の立替え払いをしなくてはいけなくなり,治療費の支払いが重い負担となることがあります。

そこで,多くの場合,保険会社は,被害者の方自身が病院の窓口で治療費を立替え払いしなくても良いように保険会社が病院等へ治療費を直接支払うサービス,いわゆる「一括対応」を行っています。

2 治療費の一括対応の打ち切り

「一括対応」には,被害者が窓口で治療を負担しなくても良いという良い面もありますが,保険会社が治療費の支払いを打ち切ると判断した場合に,それ以上は治療を受けられないのかと治療がまだ必要なのに治療を辞めてしまう方もおられ,保険会社に治療期間をコントロールされてしまうという面があります。

保険会社の治療費の支払いの打切りは,保険会社の独自の判断で行っているものです。

そのため,一括対応が打ち切られたからと言って,直ちに治療の必要性がないということではありません。

したがって,一括対応を打ち切られたとしても治療の必要性・相当性が認められる範囲であれば,発生した治療費を相手方に請求し,発生した治療費分の損害について賠償を受けることができます。

3 治療費の支払いの打ち切りに対する対応

怪我が治っていないにもかかわらず,一括対応を打ち切ると保険会社が言ってきた場合は,まずは,保険会社と治療費の支払いに関する延長交渉をすることが考えられます。

そして,延長交渉をしても保険会社が病院への治療費の支払いの延長に応じない場合は,被害者請求と言って,被害者自身で自賠責保険に治療費等の請求をし,発生した治療費などの支払いを受けることが考えられます。

なお,自賠責保険には,120万円の上限金額がありますので,注意が必要です。

120万円の枠を超えており,被害者請求との手段もとれない場合は,発生した治療費を,裁判等で相手方へ請求し支払いを受けることも考えられます。

4 交通事故の治療費その他のご相談は弁護士法人心東京駅法律事務所まで

発生した治療費を回収する方法には色々あります。

被害者の方ご自身で,保険会社と病院への治療費の支払いの延長交渉することも可能ですし,自身での交渉は難しそうだなとのことであれば,弁護士任せても良いと思います。

また,被害者請求や訴訟等の手続きは,被害者のみで行うのは難しいことも多いですので,専門家に任せた方が良いことも多いです。

弁護士法人心東京駅法律事務所は多数の交通事故案件を取り扱っておりますので,治療期間等に関し,ご不安に思われていることがありましたら,まずはお気軽にご相談ください。

お役立ち情報トップ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ