東京で交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談@東京駅

人身傷害保険のメリット

人身傷害保険は,被保険者が交通事故の被害者となった場合,被害者の被った治療費や慰謝料などの人身損害をあらかじめ加入時に設定された保険金額の範囲内で支払うというものです。

損害は,原則として加害者が被害者に対して賠償するものです。

加害者側が任意保険に加入していない場合は,自賠責保険から支払われる金額を超える損害額を,加害者自身が支払うことになります。

しかし,加害者に資力がなければ,被害者は,損害の賠償を受けられないことになりかねません。

また,被害者に過失がある場合,被害者側の過失部分の損害については,加害者側に請求することができません。

このような場合に,大変意味のある保険が,被害者自身が加入している保険の中の人身傷害保険です。

人身傷害保険の保険金は,被害者加入の任意保険会社の約款に定められた支払基準によって算定された損害額のうち,加入時に定められた保険金額の範囲内で支払われることになります。

人身傷害保険の支払基準は,裁判所基準よりも低いのが通常であり,また,加入時に定められた保険金額の範囲内でしか支払われません。

人身傷害保険で支払われた金額だけでは損害の填補として足りない場合,被害者はその差額について,加害者に請求していくことになります。

人身傷害保険は,記名被保険者だけでなく,その配偶者や同居の親族などが保険に加入している自動車に搭乗中,事故に遭ってけがや死亡した場合も補償を受けることができます。

なお,被害者に過失がある場合の人身傷害保険の保険会社が代位取得する損害賠償請求権の範囲に関しては,判例上の取り扱いが確定していない問題があり,

現時点では,加害者から損害賠償の支払いを受ける前に,まず,人身傷害保険から支払いを受けた方がよいといえます。

交通事故に関する弁護士への相談なら,東京駅3分の弁護士法人心東京駅法律事務所にご相談ください。

お役立ち情報トップ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

人身傷害保険について

人身傷害保険は契約者車両に乗っていた搭乗者の他にも,記名被保険者とその家族は,契約車両以外の事故や歩行中,自転車乗車中の自動車事故でも補償範囲となるものもあります。

基本的には,交通事故の相手方に損害賠償金を請求していくことになりますが,その場合は示談が成立してから賠償金を受け取るのが通常です。

一方,人身傷害保険の場合は,ご自身で加入の保険ですので,示談交渉と関係なく補償を受けることができます。

定められた基準に基づいて治療費や休業補償,慰謝料を受けとることが可能です。

もし,交通事故の相手方が任意保険に入っていなかった場合は,自賠責保険からの支払限度額を超える金額は相手方に直接請求していくことになります。

しかし,相手方に資力がない場合には請求金額を受け取ることができない可能性があります。

このような場合には人身傷害保険であらかじめ補償を受け,損害賠償金として足りない部分を請求するという方法をとることができます。

このように,人身傷害保険には様々なメリットがあります。

交通事故に遭われた際,弁護士にご相談いただきますと,どのような損害賠償請求が適しているのかをアドバイスさせていただくことができますし,保険会社対応を依頼者の方に代わって行うこともできます。

弁護士法人心では,東京駅から徒歩3分,日本橋駅から徒歩2分のところに東京駅法律事務所を設け,みなさまにご来所いただきやすい環境を整えております。

平日9時から22時まで,土日9時から18時まで,フリーダイヤルよりご相談の受付を行っておりますので,ご都合の良い時間にお電話ください。

交通事故でお悩みの方のご連絡をお待ちしております。

お問合せ・アクセス・地図へ