東京で交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談@東京駅

駐車場で交通事故に遭った場合の過失割合

1 民事上の過失とは

交通事故など民事で使われる「過失割合」とは、民事上の賠償金などの算定にあたって考慮するべき事故の原因や責任の割合のことを指します。

刑事の過失は,刑事責任を問うべき過失があるかどうかという判断であり,見解は分かれますが,刑事上の過失と民事上の過失は,その内容が違うという見解もあります。

2 民事上の過失割合の意味

交通事故が起きた場合,加害者が100%悪いケースもあれば,被害者にも少なからず過失がある場合もあります。

そして,被害者の方にも過失がある場合に,加害者の側が損害を全て負担するというのは不公平になります。

そこで,事故の原因や責任を「過失割合」という数字で比率化し,この過失割合の大小により損害賠償金の負担を決めていきます。

被害者の過失割合が低いほど被害者が受け取れる損害賠償金は高くなります。

3 駐車場で交通事故に遭った場合の過失割合が争われた場合

 

駐車場での交通事故について過失割合が争われることは珍しくありません。

なぜなら,駐車場では,狭い通路で多くの車が通行するため,どうしても事故が起きやすく,また,それぞれに言い分があることも多いからです。

また,過失割合についての裁判所の見解をまとめた判例タイムズなども,駐車場での事故について参考となる資料が比較的少なく,事故に当てはまる参考資料が少ないというのも,過失割合が争われる理由の一つになります。

4 被害者がとるべき対応方法

  1. ⑴ 証拠となる資料を集める

    加害者の事故状況の認識に誤解や思い違いがあるなど,被害者と加害者の間で事故状況についての言い分に食い違いがある場合,事実を明らかにする証拠が必要になります。

    証拠になる資料としては,実況見分調書,ドライブレコーダー,事故現場を撮影していた防犯カメラの映像,目撃者の証言などがあります。

  2. ⑵ 交通事故に詳しい弁護士に相談する

    過失割合については,裁判になることもあり,裁判対応を見据えて,弁護士に相談をしておく必要があります。

    もっとも,交通事故の案件は,弁護士であれば誰でも対応可能というわけではありません。

    交通事故に関する判例は膨大な数に及び,これらの判例を理解し,活用することは,交通事故案件を多く処理してきた弁護士でなければできないことも多いです。

    したがって,弁護士に委任するときでも,交通事故の損害賠償請求について精通している弁護士に依頼をすることが大切になってきます。

5 交通事故の相談は,東京駅から徒歩3分にある当事務所に相談を

過失割合の交渉に不安がある方は,早い段階から,一度,交通事故に詳しい弁護士に相談するのをお勧めします。

当法人は,東京駅から徒歩3分の場所に東京駅法律事務所がありますので,ぜひ,一度,当法人にご連絡ください。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

駐車場内の事故の過失割合の争いについての対応方法

交通事故というと,交差点や裏道などの事故現場を想定されるかもしれません。

しかし,昨今少なくないのが「駐車場で交通事故に遭う」というパターンです。

駐車場では,お店によっては通路が狭いため,車同士のすれ違いの際にこすってしまう事故や,前向き駐車からバックで出ようとした際に待機中の車にぶつかってしまう事故等が挙げられます。

その時に問題となるのが,過失割合です。

過失割合とは,「どちらがどの程度事故の責任があるか」という割合のことです。

この割合が多い方が加害者,少ない方が被害者となります。

通常,赤信号で停車中に後ろから追突された等のパターンだと,追突した車が加害者として100%責任を負うことが多いですが,駐車場内の事故では,被害者も一定の過失割合を負うことがあります。

被害者なのに責任を負うということに納得いかない方もいらっしゃるとは思いますが,駐車場内の事故は過失割合について争われやすく,状況に応じて過失割合が変わってくるため,簡単に過失割合を決めることができない場合が多いのです。

実際に駐車場内で事故に遭った時,過失割合が争われる場合に取るべき行動としては,以下の2点が挙げられます。

1点目は,証拠を集めることです。

加害者と被害者の間で事故状況について主張が一致しないことで過失割合が定まらないということは,どんな事件でも起こりえます。

そのため,警察の調査による実況見分調書やドライブレコーダー,防犯カメラの映像,目撃者の証言等,あらゆる証拠をできる限り集めることで,自分の主張を裏付けることができ,客観的に過失割合を定めやすくなります。

2点目は,弁護士に相談することです。

過失割合の問題は,裁判に発展することもあるため,先を見越して弁護士に相談しておくことをおすすめします。

弁護士法人心では,長く交通事故の案件を担当してきた弁護士が多く所属しており,過去の案件の事例をもって過失割合についてご相談に乗ることが可能となっております。

お悩みの方は,是非一度当法人にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ