東京で交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談@東京駅

交通事故で相手が信号無視を認めない場合の証明方法

1 信号無視の証明

相手方が信号無視をしたことが原因で交通事故に遭ってしまい,さらに相手方が信号無視を認めないという場合,どうすれば相手の信号無視を証明することができるのでしょうか。

⑴ ドライブレコーダー

ドライブレコーダーがあればそれほど話が難しくなることはないと思います。

交通事故当時の状況が撮影されておりますので,積極的に活用しましょう。

ご自身の車両がドライブレコーダーを装備していなくても。

相手方の車両に装備されている場合もありますので,そのような場合は相手方に提出を求めましょう。

また,事故車両だけではなく,ご自身の付近を走行していた車両のドライブレコーダーに事故車両が映り込んでいる場合もあります。

⑵ 事故現場を撮影した監視カメラ等

コンビニやパーキング,その他店舗の監視カメラ等に映り込んでいる場合もあります。

事故現場近くに監視カメラがないかを確認しましょう。

⑶ 目撃証言

上記のドライブレコーダーや監視カメラ等がない場合には,事故現場を目撃していた証人の証言も重要になります。

ただ,証人の証言の正確性や記憶の正確性の問題もありますので,ドライブレコーダーや監視カメラ等に比べると,客観性がやや落ちるかもしれません。

なるべく早い段階で話を聞いて,証人の話を記録に残しておくことが重要でしょう。

⑷ 信号サイクル

信号には,青,赤,黄に切り替わるサイクルがあります。

信号サイクルを取り寄せて検証してみるのも有効かと思います。

⑸ 警察の刑事記録

警察が交通事故当事者の立会いの下作成する刑事記録(実況見分調書等)も相手方の信号無視を証明する資料となり得ます。

2 交通事故の経験豊富な弁護士に相談

以上,信号無視を立証する方法を挙げましたが,基本的には被害者が自分でこれらの資料等を集めてくるのは困難です。

交通事故解決の経験豊富な弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士法人心では,多数の交通事故解決の実績がございます。

交通事故でお悩みの際は,一度,弁護士法人心にご相談ください。

お役立ち情報トップ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ