東京で交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談@東京駅

交通事故で後遺障害が認定された場合の損害賠償

1 後遺障害が認定された場合の慰謝料

交通事故に被害にあわれた方に対しては,交通事故により被った肉体的・精神的苦痛を賠償するために入通院慰謝料が支払われます。

そして,交通事故により,後遺障害が認定された場合,入通院慰謝料とは別に,後遺障害が残存したことによる肉体的・精神的苦痛を賠償すべく後遺障害慰謝料が支払われます。

2 後遺障害が認定された場合の逸失利益

また,後遺障害が認定された場合,後遺障害慰謝料に加えて,後遺障害による将来の労働能力低下を賠償するために後遺障害逸失利益が支払われます。

3 後遺障害が認定された場合の損害賠償額の計算

それでは,後遺障害が認定された場合の後遺障害慰謝料及び,後遺障害逸失利益の額は,どのように計算されるでしょうか。

弁護士に依頼しない場合と依頼する場合とで決定方法や金額に差異が出るのでしょうか。

⑴ 弁護士に依頼しない場合

後遺障害が認定されると自賠責保険から認定された後遺障害の等級に応じて,一定の金額が支払われることとなります。例えば,14級は75万円,12級は224万円というように,自賠責の基準に従って,等級ごとに一定の金額が支払われます。

任意保険会社からすると,自賠責基準における限度額の支払であれば,後から自賠責保険に対して支払った金額を請求できるため,弁護士に依頼しない場合は,後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益が合わせて自賠責基準に定められた金額となるように算定されることが多いです。

⑵ 弁護士に依頼する場合

依頼を受けた弁護士は,裁判をするか否かにかかわらず,裁判を見据えて裁判官であればどのように判断するかを踏まえて交渉します。

裁判官がどのように判断するかは,赤い本としてまとめられていますので,弁護士が交渉する場合は,赤い本の基準を前提とします。

後遺障害慰謝料は,赤い本によれば,14級で110万円,12級であれば290万円とされています。

後遺障害慰謝料のみでも,弁護士に依頼しなかった場合の想定される後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益の合計額を上回っており,弁護士に依頼するメリットがあることが分かります。

裁判所の判断を前提とすると,後遺障害逸失利益は,基礎収入と労働能力喪失率と労働能力喪失期間により算定されます。

これは,個々人の事故前年度の収入や後遺障害の内容,その後の収入の減少の程度等によって異なります。

4 交通事故による後遺障害について弁護士に相談

弁護士法人心では,所属するそれぞれの弁護士が得意分野を持って活動しており,東京駅法律事務所にも後遺障害が問題となる交通事故を得意分野とする弁護士が多数所属しています。

交通事故による後遺障害でお悩みの際は,弁護士法人心東京駅法律事務所にご相談ください。

お役立ち情報トップ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ