東京で交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談@東京駅

物損事故の損害賠償請求

1 物損事故の損害賠償請求について

物損事故の損害賠償請求をするには,損害額と過失割合を確定させる必要があります。

物損事故は,早期に解決していくことが重要ですが,なかなか複雑です。

こちらのページでは,物損事故の解決にあたり,特に重要な点を数点挙げてご説明いたします。

2 過失

交通事故で相手方に請求できるのは,相手方の過失分のみであり,自分の過失分は,相手方へ請求することができません。

もし,自分で車両保険に加入していた場合,車両保険を使えば,自分の過失分の支払いをしてくれます。

ただ,車両保険を使用した場合,納める保険料の金額が上がるので、事前に自分の保険会社へ連絡し,値上がりする保険料の額と補填される損害額を比べて,車両保険を使用するのか,使用せず自分で支払いをするのかを決めるのがよいと思います。

また,こちらに過失がある場合,相手の車両損害について,自分の過失分について請求されることがあるので,注意が必要です。

3 車両損害

事故によりお車が破損してしまった場合,壊れたお車を修理する場合の金額と,壊れたお車とほぼ同じ車を中古車で購入する場合の費用を出し,低い方が損害として算定されます。

修理する場合の金額は,車屋さんなどで見積もりを出していただくことが多く,中古車で購入する場合の費用を出す場合,東京では,壊れたお車と近い走行距離や同じモデルのお車を中古車販売サイト等で数台挙げ,平均値を出すことが一般的です。

4 積載物

お車に載せていた物が壊れてしまった場合は,まず見積もりを出しましょう。

ただし,こちらは因果関係の立証が非常に難しく,賠償されにくい項目となっています。

5 代車

代車費用の目安は,お車の修理で足る場合は2週間程度,全損になり,買換えが必要になった場合は4週間程度と言われています。

長期の代車費用は,裁判で認められないことが多く,実態とかけ離れた判決が出ることが多いので,早期解決がよいと考えられます。

6 最後に

お怪我もあった事故の場合,物損の示談の際に決まった過失割合は,お怪我の示談の際にも反映されます。

代車の点で早期解決を求められるから,自分の過失分は保険会社が払ってくれるから,というような理由で,安易に示談をしないようにしてください。

過失割合に納得がいかない場合は,裁判等も視野に入れ,解決を目指すようにしましょう。

お役立ち情報トップ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ