東京で交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談@東京駅

「損害賠償金(示談金)」に関するお役立ち情報

症状固定とは

弁護士法人心東京駅法律事務所の交通事故サイトをご覧いただきありがとうございます。

こちらのページでは,症状固定についてご説明いたします。

1 症状固定とは

症状固定とは,平たくいいますと,治療を継続したものの症状が残存し,症状の改善が一進一退の状態(いわゆる「慢性化した状態」)になったことをいいます。

これに対して,治療を続けて,最終的に治った場合には,「治癒」という結果になり,症状固定は問題になりません。

2 症状固定になると

症状固定は,交通事故における損害賠償に大きくかかわってきます。

まず,治療費を損害として相手方に請求できるのは,症状固定時までというのが原則です。

治療をしても一進一退で症状が変わらないのであれば治療の必要性がないことが理由とされています。

また,症状固定は,入通院慰謝料・休業損害にもかかわってきます。

具体的には,入通院慰謝料は事故日から症状固定日までの期間を基準に算出され(事案によっては事故日から症状固定日までの実入通院日数を基準に算出することもあります),休業損害は事故日から症状固定日までの期間における必要と認められる休業日数を基準として算出されます。

3 症状固定の注意点

保険会社は,一般的に,被害者に支払う賠償金を抑えることで,その分が営業利益につながる構造になっています。

そのため,保険会社は被害者に早期に後遺障害診断書の作成を薦め,主治医が後遺障害診断を行う際に症状固定の判断をすることで,少しでも支払うべき治療費・休業損害・慰謝料を減らそうと考えている場合があります。

また,自賠責保険会社による後遺障害等級認定は,一般的に,一定期間治療を継続していないと,非該当の結果になるため,早期に症状固定にすることで,初回の後遺障害申請を非該当にさせ,その結果を踏まえて後遺障害非該当を前提に示談をまとめてしまうことを考えている場合もあります。

加害者側の保険会社から,症状固定だと言われて治療費の支払いを打ち切られたり,後遺障害申請を薦めるという名目で早期に症状固定を求められるようなこともあるのは,上記のような保険会社の一方的な考えによることが多いです。

このように,保険会社が,治療費の打ち切りの根拠とする症状固定は,医学的判断に基づいていないことが多く,賠償金を抑えるための方便にすぎないことがあるため,打ち切りや後遺障害申請の案内の話が出た場合には,交通事故に精通した弁護士に相談することをお勧めします。

4 症状固定の話が出て不安になったら

弁護士法人心東京駅法律事務所では,交通事故における保険会社対応・後遺障害を得意とする弁護士が多数在籍しております。

治療を継続しているにもかかわらず保険会社から打ち切りの話が出た方,主治医がまだ治療を続けようとしているのに後遺障害の申請を薦められた方などは,一人で悩まず,是非,弁護士法人心東京駅法律事務所にご相談ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

弁護士等の専門家

損害賠償金(示談金)

後遺障害

過失

治療

保険

その他

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

交通事故の症状固定

交通事故にあわれ,突然のことで困惑しているような状況で,相手の保険会社の担当者のお話のままに,病院に通院され,治療をされている方もいらっしゃるかと思います。

そうして通院しているうちに,相手の保険会社の担当者より,そろそろ治療を終了し症状固定されてはどうかといったお話をされる方がいらっしゃるかと思います。

まずは病院の医師に相談される方が多いのではないでしょうか。

実際に症状固定かどうかは医師の判断になりますので,現在の体の状態をしっかりと伝えた上で,主治医の先生とよくお話いただくことが重要です。

また,症状固定のお話がされた際には,併せて弁護士にご相談されることをおすすめします。

その後の示談交渉について,弁護士がついているかどうかで,受け取れる損害賠償金額が大きく変わってくることが少なくないからです。

ご相談される際には交通事故を得意としている弁護士を選んでいただければと思います。

お問合せ・アクセス・地図へ