東京で交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談@東京駅

症状固定とは

弁護士法人心東京駅法律事務所の交通事故サイトをご覧いただきありがとうございます。

こちらのページでは,症状固定についてご説明いたします。

交通事故で受けた怪我の治療を続けて,最終的に治った場合には,症状固定は問題となりません。

これは「治癒」という結果になります。

基本的に,怪我などの症状は,事故直後から,身体の自己治癒能力,医療機関等での治療により,時間がたてば少しずつ良くなっていきます。

ですが,どこかのタイミングで,リハビリをしたその日は調子が戻るが,すぐに痛みが再燃してしまったり,症状が一進一退のような状態になることがあります。

このように,症状の大幅な改善が見込めなくなった時点が「症状固定」時ということになります。

この症状固定の時期は,交通事故における損害賠償に大きくかかわってきます。

まず,治療費は交通事故でけがをした場合の最も基本的な損害ですが,損害として相手方に請求できるのは,症状固定時までというのが原則です。

治療をしても一進一退で症状が変わらないのであれば意味のない治療ともいえますし,そのような意味のない治療にかかる費用までは損害として認められません。

また,症状固定時は,慰謝料にもかかわってきます。

交通事故における慰謝料は,「事故にあわなければ入通院の必要がなかった」,「治療のための時間は他のことに使えたはずだ」という理由に基づき,入通院日数,総治療期間を基本にして算定されるからです。

もちろん,痛くもないのに通院日数を稼いだり,治っているのに治療を続けることは保険金詐欺になってしまいますが,まだ治っていないのに加害者側の保険会社担当者から,一方的に「症状固定だ」などと言われるようなときにはきちんと争うべきです。

症状固定時の判断は医学的な側面がありますので,基本的には主治医の判断が尊重されます。

それにもかかわらず,加害者側の保険会社から,症状固定だと言われて治療費の支払いを打ち切られたり,後遺障害申請を薦めるという名目で早期に症状固定を求められるようなこともあります。

痛みが残っているのに治療費の打ち切りを告げられた方,主治医がまだ治療を続けようとしているのに後遺障害の申請を薦められた方などは,一度交通事故に詳しい弁護士に相談されることをお勧めします。

お役立ち情報トップ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ