東京で交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談@東京駅

通勤中の交通事故と労災

1 通勤中の交通事故でも労災を使える

労災保険(労働者災害補償保険)は,労働者が業務中や通勤途中に負傷したり病気になったり障害が残ったり死亡したりした際に,労働災害を認定して補償をしてもらえる保険のことです。

そして,労災保険は通勤中の交通事故でも適用されるため,被害者は労災保険を使える場合があります。

2 通勤中の交通事故で労災を使えない場合

労災保険を使うためには,労災の認定を受ける必要があります。

そして,労災の認定の要件として,「自宅と会社との間を合理的な経路や方法で往復していた」ときの交通事故であることが必要です。

そのため,通勤途中の事故の場合でも,事故の場所や時間によっては認められない可能性もあります。

たとえば,会社に向かう途中や帰宅途中に,どこかに立ち寄って別の私的な用事をしていた場合などには,労災とは認定されない可能性があります。

労災保険が適用されるのか迷われた場合には,会社の総務や人事など労災に詳しい担当者に確認してみるのも一つです。

3 労災の申請手続

労災保険を利用したい場合には,管轄の労働基準監督署に宛てて,労災の申請をします。

管轄の労基署に連絡をして,必要書類を作成して提出し,労災認定を受けましょう。

労災保険の申請方法について,会社の総務や人事など労災に詳しい担当者や弁護士に確認してみるのも一つです。

4 労災保険と自賠責保険との関係

交通事故が業務中や通勤途中などの場合には,労災保険を利用することができますが,交通事故後の通院治療には一般的には自賠責保険を利用します。

両保険の優先関係については,法律上も制度上も,交通事故で労災保険を利用することに特に問題はないので,被害者の方が選択をすることができます。

5 労災保険を使った方がよい主なケース

 
  1. ⑴ 相手が任意保険に加入していない場合

    自賠責保険の場合,補償される金額の上限が決まっていて,例えば,傷害事故の場合は120万円までという上限額があります。

    治療費がかさんでくると,120万円では足りないことがありますが,この場合,120万円を超えた場合は,被害者が一度立て替えた上で,相手方に直接請求しなければならないことがあります。

    他方で,労災保険では,特に上限の金額があるというわけではありませんので,怪我によってかかった治療費を,全額負担してもらうことができます。

    そのため,労災保険を利用すると,相手方が任意保険に加入していない場合でも,全額の治療費の支給を受けることができます。

    また,上記の理由から,相手方が自賠責保険にすら加入していない場合にも,労災保険を使うとよいと思います。

  2. ⑵ 被害者に過失が大きい場合

    労災保険を利用する場合,重過失減額がないため,被害者に過失が大き い場合にも,労災保険を使うことをお勧めします。

    例えば,自賠責保険でも,自分の過失が7割以上になると,重過失減額が行われます。

    労災保険の場合,自分の過失に無関係に支払が行われるので,7割以上の重過失があっても,自分の治療費などについての自己負担を気にする必要がありません。

お役立ち情報トップ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ