東京で交通事故に強い弁護士

交通事故被害相談@東京駅

Q&A

交通事故の過失割合は保険会社が決めるのですか?

  1. 1 交通事故に遭われると

    交通事故に遭われると,事故の対応に追われることが多いです。

    警察への報告,事情聴取,実況見分だけでなく加害者の加入する保険会社とのやりとりなど事故の対応で多くの時間と労力をとられることが多いです。

    事故直後の対応から,少し時間がたつと,保険会社が過失割合について話してくる場合があります。

    その際,保険会社から「過失割合が○対○ですが,この過失割合で示談ということでよろしいでしょうか?」などと話をされるケースがあります。

    被害者と保険会社との間で事故態様などについて争いがないケースであれば,保険会社の提示する過失割合で納得される方も多いです。

    しかし,実際には,保険会社の話す事故態様は被害者の認識した事故態様と異なるため,保険会社と被害者の間でトラブルになるケースが多いです。

    そのため,被害者の方が弁護士の相談にいらっしゃる際に,「交通事故の過失割合は保険会社が決めるのですか?」という質問をされる方もいらっしゃいます。

  2. 2 交通事故の過失割合は保険会社が決めるのですか?

    「交通事故の過失割合は保険会社が決めるのですか?」という質問の答えは「最終的には保険会社ではなく裁判所が決めます。」となります。

    保険会社はあくまで,示談の提案をしているに過ぎません。

    被害者には示談することもしないこともできる権利があります。

    示談が成立しなかった場合には,最終的には,裁判所によって過失割合が認定されます。

  3. 3 過失割合について

    事故態様によって過失割合が異なります。

    交通事故の裁判例が積み重なり,事故態様ごとに基本的な過失割合が決められています。

    事故態様を立証する上で証拠価値の高いものが実況見分調書です。

    実況見分調書は,事故直後に,中立な警察官立ち会いの下,当事者双方の事情聴取と車両等の損傷箇所等客観的な事情を総合的に考慮して作成されるため,非常に信用性が高い証拠として扱われます。

    そのため,裁判所の認定においても重要な証拠となります。

    その他,調査会社を入れて事故態様を調査する場合もあります。

    この場合には,調査報告書が作成され,一定の証拠価値を有することとなります。

  4. 4 弁護士法人心東京駅法律事務所

    弁護士法人心東京駅法律事務所では,交通事故問題が得意な弁護士が相談を担当いたします。

    東京周辺で交通事故にお困りの方は,お気軽にご相談ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ