日本橋で弁護士をお探しの方は「弁護士法人心」

弁護士法人心 東京駅法律事務所

Q&A

日本橋で交通事故相談を検討していますが,弁護士法人心は土日祝の相談にも対応してくれますか?

弁護士相談にはご予約が必要となりますが,土日祝のご相談にも対応しています。

フリーダイヤルからご相談予約を承っておりますので,そちらにご連絡いただき,日程調整していただければと思います。

フリーダイヤルの受付時間は平日9時から22時,土日祝9時から18時となっておりますので,お手すきのお時間にお問合せいただきやすいかと思います。

東京駅法律事務所は日本橋駅から徒歩2分の場所にあるため,お越しいただきやすい立地ですし,ご来所が難しい場合でもご利用いただけるように,交通事故は電話でのご相談も承っています。

選ばれる理由へ業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

交通事故についてしっかりと弁護士を選ぶべき理由

1 交通事故選びの重要性

交通事故に遭ったため弁護士に示談交渉を依頼しようと考えておられる方も多くいらっしゃるかと思います。

しかし,交通事故の賠償金は,どの弁護士に依頼をしても結果が同じになるというものではありません。

そこで,このページでは,交通事故についてしっかりと弁護士を選ぶべき理由についてお話をしたいと思います。

2 医学的知識

被害者の方が怪我を負っているような事案では,被害者の方の怪我の症状を十分に把握し,適切なアドバイスをするための,交通事故案件に関する医学的知識が必要不可欠となります。

交通事故案件に精通している弁護士でないと,被害者の方の症状に応じた通院等に関する適切なアドバイスを行うことができず,最終的に受け取ることのできる賠償金が低くなってしまう恐れがあります。

したがって,適切な賠償を受けるためには,交通事故案件に関する医学的知識を十分に備えた弁護士を選ぶ必要があります。

3 適切な後遺障害等級の獲得

交通事故が原因で後遺障害が残ってしまったという場合に,自賠責保険の後遺障害等級認定において適切な後遺障害等級を獲得するためには,後遺障害等級の認定基準に関する適切な知識を有していることが必要です。

そのため,適切な後遺障害認定を獲得しようとする場合は,依頼をしようとしている弁護士が後遺障害の認定基準に関する適切な知識を有しているか否かという点も注意しなくてはなりません。

4 保険会社の担当者との交渉

保険会社の担当者は,常日頃から示談交渉を行っており,交通事故被害者の方の対応に精通している場合が多いです。

そのため,交通事故に関する十分な知識を有していない弁護士ですと,保険会社の担当者の思惑通りに交渉を進められてしまい,不利な賠償金の額で示談をしてしまうことにもなりかねません。

したがって,保険会社との示談交渉については,交渉の経験やノウハウが豊富な弁護士に依頼をすることをおすすめいたします。

5 日本橋で弁護士をお探しの方

弁護士法人心では,交通事故を集中的に扱う「交通事故チーム」を作り,弁護士とスタッフが一丸となって,交通事故被害者の方の救済にあたっています。

弁護士法人心は,東京の日本橋駅から2分の場所に,弁護士法人心東京駅法律事務所を設けております。

交通事故に関して,日本橋で弁護士をお探しの際は,東京駅法律事務所までお気軽にご連絡ください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お気軽に交通事故についてご相談ください

交通事故に関する保険会社対応や損害賠償金についてなど,気になることが少しだけあるというような段階ですと,弁護士に相談することを後回しにしてしまうということも考えられます。

「時間ができたら相談してみよう」と思っている内に保険会社から示談を求められ,焦って示談に応じてしまうという方もいらっしゃるかもしれません。

「弁護士に相談してみよう」というお気持ちになった時にご相談いただきやすいように,弁護士法人心ではお電話でも交通事故の相談を承っております。

ご来所いただかずに弁護士とやり取りができますので,お忙しい方も弁護士に相談しやすいかと思います。

直接弁護士と会って相談したいという方にもご利用いただきやすいように,日本橋駅と東京駅から歩いてご来所いただける場所に事務所を設置しています。

日本橋駅からですと,東京駅法律事務所まで徒歩2分となっているため,お仕事の前後に足を運んでいただくこともできるのではないでしょうか。

早い段階から弁護士に相談していただくことによってサポートできる部分も多くございますので,なるべく早くご相談ください。

交通事故に詳しい弁護士がより良い解決を目指し真摯に取り組んでまいります。

日本橋周辺で交通事故でおなやみの方はご相談ください。

弁護士が依頼者の方に代わって交渉いたします

交通事故被害者の方は自分に過失はないと思われるかと思いますが,赤信号を無視した車と接触した等の交通事故でない限り,過失が0になることはあまりないかと思います。

走行中に後方から追突されたり,出会い頭に衝突したりといった交通事故は,車が動いていたという理由から多少の過失が課されることが多いです。

ですが,場合によっては相手方が過失を認めずに,双方に悪いところがあったというような主張をしてくることがあります。

これを認めてしまいますと,獲得できる損害賠償金額が大きく減ってしまいますので,納得がいかないようでしたら交渉を続けることをおすすめします。

「こちらには非はなかった」という主張を続けていても話し合いは平行線のままかと思いますので,なぜそのように主張しているのかということを法律の観点から論理的に伝えることが必要かと思います。

お一人で交渉を続けることは容易ではないかと思いますので,交通事故に詳しい弁護士に相談されることをおすすめします。

弁護士は依頼者の方に代わって相手方保険会社と交渉することができますし,これまでの経験や実績をもとに適切な過失割合を認めてもらえるように取り組んでまいります。

示談金額などで後悔することのないように,まずは弁護士法人心にご相談ください。

東京駅法律事務所は日本橋からも近い場所にございますので,ぜひご利用ください。

お問合せ・アクセス・地図へ