東京で『交通事故』に強い弁護士

交通事故によるPTSDと後遺障害

  • 文責:所長 弁護士 石井浩一
  • 最終更新日:2022年5月20日

1 交通事故の後遺障害認定

交通事故の損害賠償実務においては、自賠責保険における後遺障害等級認定に基づいて後遺障害に関する損害が算出されることになります。

この後遺障害等級を認定する機関は、損害保険料率機構の下部組織である自賠責損害調査事務所です。

自賠責損害調査事務所は、被害者から提出された後遺障害診断書や画像所見等を参考にして、後遺障害等級に認定されるか否かを判断します。

2 PTSDとは

交通事故に伴う強いショック体験が心のダメージとなり、その体験に対して強い恐怖を覚えるストレス障害がPTSD(心的外傷後ストレス障害)です。

交通事故のような突発的な人災に伴う精神的なダメージの場合は、特に急性トラウマといわれることがあります。

3 PTSDは非器質性障害

PTSDのような精神的な障害は、非器質性の精神障害と呼ばれています。

器質性の精神障害は、外部からの物理的な力が加わったことによって脳組織が損傷し、身体組織に異常が生じた場合をいいます。

器質性の精神障害には、高次脳機能障害や身体性機能障害等が挙げられます。

これに対し、非器質性の精神障害は、脳組織に物理的な損傷がない精神障害であり、PTSDのほか、うつ病や恐怖症、ノイローゼ、統合失調症などがこれにあたります。

4 非器質性の精神障害が後遺障害として認定される要件

非器質性障害が後遺障害として認定されるには、精神症状と能力に関する判断項目の欠如・低下にそれぞれひとつ以上該当していることが必要となります。

精神症状には、①抑うつ状態、②不安状態、③意欲低下状態、④慢性化した幻覚・妄想性の状態、⑤記憶または知的能力の障害、⑥その他の障害、があります。

また、能力に関する判断項目には、①身辺日常生活、②仕事、生活に積極性・関心を持つこと、③通勤・勤務時間の厳守、④ふつうに作業を持続すること、⑤他人との意思伝達、⑥対人関係・協調性、⑦身辺の安全保持、⑧困難・失敗への対応、があります。

認定基準に該当するかは、交通事故との因果関係、治療状況、症状固定の判断時期などを考慮して判断がなされることになります。

精神症状と能力項目に関する判断項目に照らして、非器質性障害が認められる場合、その障害の程度に応じて後遺障害の等級が判断されることになります。

5 PTSDなどの非器質性の精神障害の後遺障害等級

精神症状と能力項目に関する判断項目に照らして、非器質性障害が認められる場合、その障害の程度に応じて後遺障害の等級が判断されることになります。

非器質性精神障害の場合、後遺障害等級は、その精神障害の程度に応じて、第9級、第12級、第14級の3つに該当する可能性があります。

6 最後に

後遺障害の認定に不安がある方は、交通事故による後遺障害に詳しい弁護士に相談するのをお勧めします。

弁護士法人心 東京法律事務所は、東京駅から3分の場所にあります。

交通事故による後遺障害でお悩みの際は、ご相談ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ