東京で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心 東京駅法律事務所

交通事故・後遺障害

詳細につきましては,以下の各サイトをご覧ください(以下のボタンをクリック)。

選ばれる理由へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

弁護士法人心が交通事故を得意とする理由

1 交通事故の損害賠償額の算定基準

交通事故の損害賠償額の算定基準には,自賠責基準,任意保険会社基準,裁判基準があります。

通常,損害賠償額は,自賠責基準<任意保険会社基準<裁判基準の順で,高額になります。

そのため,交通事故の被害者が適切な損害賠償額を得るためには,裁判実務で用いられている裁判基準に基づいて,損害項目を選択し,損害賠償額を算定することが求められます。

そこで,相手方と交渉する際は,裁判基準に詳しい法律の専門家である弁護士に相談・依頼することをお勧めします。

その際,交通事故を得意とする弁護士に相談・依頼することも重要なポイントです。

以下,弁護士法人心が交通事故を得意とする理由をご説明します。

2 保険会社出身のスタッフ

交通事故の被害者が損害賠償を請求する相手は,事故の相手である加害者ですが,実際には,加害者が加入している自動車保険の保険会社の担当者であることがほとんどです。

そのため,保険の仕組み,保険金の支払い対象となる項目,保険金の支払手続等,保険に関する知識や体系的な理解が求められます。

また,会社組織である保険会社には,多種多様な内部基準や決裁系統があり,保険会社との示談交渉を有利に進めるには,保険会社の内部事情に通じていることも大切なポイントとなります。

弁護士法人心には,保険会社に勤務していた経歴をもつスタッフや,保険会社の代理人を務めた経歴をもつ弁護士がいます。

弁護士法人心が交通事故を得意とするのは,保険会社の内部事情に通じているからです。

3 後遺障害の獲得

後遺障害等級を獲得するためには,傷害の内容,事故態様,治療・症状の経緯等に照らして,いかなる症状についていかなる等級が認定され得るのかを見極め,後遺障害を裏付ける各種資料を収集することが必須の作業といえます。

こうした緻密で専門的な作業は,後遺障害の認定実務を知らずには,およそ実現困難です。

弁護士法人心には,後遺障害の認定権者である損害保険料率算出機構において,15年間にわたり,4000件以上の後遺障害の認定に関わった経験をもつスタッフがいます。

弁護士法人心が交通事故を得意とするのは,後遺障害の認定実務に精通しているからです。

4 交通事故分野に特化した弁護士

示談交渉においても,裁判においても,事案によっては,交通事故事件に詳しい弁護士とそうでない弁護士とでは,金額が1ケタ変わってしまうこともあります。

弁護士法人心は,交通事故事件に特化して多数の交通事故事件を扱う弁護士を,数多く擁しています。

また,弁護士法人心は,交通アクセスのよい東京駅から徒歩3分の場所に,東京駅法律事務所があります。

交通事故に遭われた方は,弁護士法人心東京駅法律事務所にご相談ください。

交通事故についての弁護士の電話相談

1 交通事故の被害者が自分で示談交渉をするのは大変

交通事故による損害の賠償を受けるためには,自分の受けた損害を正確に把握することが不可欠です。

そして,損害を正確に知り,相手方に請求するためには,損害が発生したことを証明する証拠がなくてはなりません。

また,示談交渉の相手方は,その多くが相手方加入の任意保険会社の担当者であり,被害者よりも交通事故に関する知識や経験も豊富です。

交通事故の被害者の方が,まったく知らなかったことを調べながら,相手方加入の任意保険会社の担当者と対等に交渉を行う難しさは,並み大抵のものではありません。

そこで,事件の処理について弁護士に依頼することが一つの方法です。

2 弁護士に依頼するメリット

弁護士に事件処理を委任すると,最終的な示談交渉だけでなく,事故直後の保険会社や加害者とのやりとりも弁護士が行うため,被害者の負担は減り,治療に専念することができるようになります。

獲得できる示談金額も,弁護士が交渉することで,被害者自身で交渉するよりも高額になる可能性が高まることが多いといえます。

3 交通事故の直後から弁護士に相談するべき

交通事故の被害に遭われた場合,早めに弁護士に相談することをお勧めします。

交通事故の被害に遭ったとき,もっとも重要なことは,保険会社に治療費を払ってもらい,しっかり身体の治療をすることです。

しかし,保険会社との対応にあたっては, どのように対応すればよいかわからないことも多く,納得のいかないまま保険会社の言いなりになってしまうことも珍しくありません。

そこで,保険会社の対応など,事故直後から,弁護士のサポートを受けておくことをお勧めします。

4 治療費を打ち切られた場合や保険会社から示談書が送られてきた場合も弁護士に相談するべき

相手の保険会社から治療費の打ち切りを告げられた場合にも,弁護士に相談されることをお勧めします。

弁護士に依頼することで,保険会社との治療費の支給の延長交渉や後遺障害申請などのサポートを受けられる場合があるからです。

また,保険会社から示談書が送られてきた場合にも,弁護士に相談されることをお勧めします。

実際の示談交渉では,加害者側は,慰謝料の額などについて,自賠責基準もしくは任意保険基準で算出した慰謝料を提示してきますが,この金額が必ずしも妥当とは言えないこと少なくありません。

そのため,示談書にサインされる前に,示談書の慰謝料が妥当な金額であるかどうか,弁護士に相談されることをお勧めします。

5 弁護士法人心は弁護士による電話相談にも対応しています

弁護士法人心東京駅法律事務所は,東京駅3分というお越しいただきやすい場所にありますが,お仕事などで忙しく,なかなか法律事務所に行く時間が取れないという方も,多くいらっしゃると思います。

弁護士法人心では,交通事故の被害者の方に,電話による法律相談を承っておりますから,お電話で,お困りのことや疑問点を弁護士に相談していただき,弁護士からアドバイスを受けていただくことが可能です。

お忙しい方は,一度,弁護士との電話相談をしていただければと思います。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

弁護士法人心では,交通事故や過払い金請求,債務整理,刑事事件などの個人のお客様を対象にした案件のほかに,企業様を対象にした会社設立や労務問題,債権回収などといった様々な分野を扱っております。

従来の法律事務所ですと,紹介がない場合は案件を受け付けていないところも多いようですが,当事務所ではより多くの方の悩みを解決したいと考えておりますので,紹介のないお客様でもお気軽にご連絡ください。

ただし,利益相反にあたる場合や,弁護士の業務状況によっては,相談をお受けできないこともございますので,あらかじめご了承いただけると幸いです。

例えば,交通事故の場合,初めて事故に遭われた方にとっては,事故後の処理がどのようにされるのか不明な点も多いかと思います。

中には,相手方保険会社から提示された示談金額が妥当かどうかわからずに,相手側の提示額をそのまま受け入れてしまい,適切な賠償額が受けられないまま事件終了となってしまうことも少なくありません。

上記のような不利益を被らないためにも,弁護士法人心では,交通事故チームを作り,被害者の方が適切な賠償額を得られるよう,サポート体制を整えています。

また,交通事故の案件では,後遺障害の認定が適正にされるかどうかが重要なポイントとなってきます。

当事務所では,後遺障害についてもチームを作り,力を入れて対応させていただいております。

東京駅法律事務所は,東京駅八重洲北口から徒歩3分,日本橋駅から徒歩2分と駅からも近い場所にございますので,交通事故でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問合せ・アクセス・地図へ