東京で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心 東京駅法律事務所

相続・遺言

詳細につきましては,以下の各サイトをご覧ください(以下のボタンをクリック)。

選ばれる理由へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

相続でよくあるトラブル

1 寄与分・特別受益の問題

⑴ 寄与分とは?

寄与分とは,共同相続人のなかに,「被相続人の事業に関する労務の提供又は財産上の給付,被相続人の療養看護その他の方法により被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした」者がいる場合に,これらの貢献のあった共同相続人の相続分を増加させるという制度です。

寄与分では,共同相続人の一人が,被相続人の財産の増加にどれほど寄与したといえるのか,という点がよく争いになります。

寄与分が認められるためには,「特別な寄与」があったといえなければなりませんが,親族間では扶養義務があることから,一定の範囲の療養看護では「特別な寄与」と認められないことも多く,争いになりがちです。

「特別な寄与」であることを的確に主張し,相続分の増加につなげるためには,相続案件に強い弁護士に相談することをお勧めします。

⑵ 特別受益とは?

「共同相続人中に、被相続人から、遺贈を受け、又は婚姻若しくは養子縁組のため若しくは生計の資本として贈与を受けた者があるとき」に,他の共同相続人との公平の観点から,贈与を受けた共同相続人の相続における取り分を減らすべきではないか,という点が特別受益の問題です。

被相続人の生前の贈与が特別受益に該当するといえるか,特別受益の額を立証できるか,という問題は,典型的な相続トラブルの一つです。

また,特別受益については,被相続人が,特別受益を返さなくてよい意思を明らかにしている場合(持ち戻し免除の意思表示といいます)には特別受益にあたらないため,このような意思表示がなかったかも問題となります。

特別受益を適切に主張・立証するためには,的確に資料を収集し,分析する必要がありますので,遺産分割案件に強い弁護士に相談することをお勧めします。

2 相続財産の使い込み

生前に被相続人と同居していた相続人が,被相続人の財産を使い込んでしまったというのも,よくあるトラブルです。

相続財産調査によって,使い込みが発覚した場合,不当利得返還請求や不法行為に基づく損害賠償請求を行います。

3 相続財産の分け方

複数の共同相続人がいる場合,不動産の分け方について揉めるのも,よくあるトラブルの1つです。

現物を分割する,売却して代金を分ける,誰か一人が使用して取得する持分に応じた代償金を相続人に支払う等,いくつか方法が考えられます。

共有名義で登記するというのも1つの分配の方法ですが,不動産の

処分が難しくなり,将来へ紛争の種を残すことになるので,慎重な判断が必要です。

4 相続に関する弁護士へのご相談

弁護士法人心東京駅法律事務所は,東京駅から徒歩3分,日本橋駅から徒歩2分と,大変アクセスの良い所にあります。

弁護士法人心の相続に関する相談は原則無料となっておりますし,相続問題を中心に扱う相続チームの弁護士が対応いたしますので,安心してご相談にお越しください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

弁護士の探し方

弁護士の取り扱い分野は,主なものを挙げただけでも,交通事故,債務整理,相続,離婚,労働問題,刑事事件,企業法務等多岐に渡ります。

法律が関係する問題は,遍く取り扱うのが弁護士の仕事であると言っても過言ではありません。

ただし,社会構造が複雑になっていくのに伴い,法的な問題についても,より複雑化が進んでいます。

また,トラブル解決の迅速性もより求められるようになっており,事件処理の効率化が強く求められるようになっています。

そのため,昔ながらの一人の弁護士が幅広い分野の仕事を並行して進めるよりも,各分野に専門特化した弁護士が,それぞれ得意とする分野において,的確かつ迅速に事件処理を進めるというやり方の方が,徐々に一般的になって来ています。

所属弁護士数が多い大手の法律事務所では,様々な分野に専門特化した弁護士がいるため,二つ以上の分野にまたがるような法律問題も,協力して解決に向かわせることができます。

税理士等の他士業の専門家も所属していると,税金等についてもあわせて依頼することができ,手続きがよりスムーズです。

ただし,大手の法律事務所でも,事務所ごとに特色があるため,実際に弁護士を探す場合は,自分が抱えている問題について得意としている弁護士が多く所属している事務所を探す方が良いです。

弁護士は,各都道府県にそれぞれある弁護士会に所属しているため,「東京弁護士会」「第一東京弁護士会」「第二東京弁護士会」などの弁護士会の法律相談等を通じて弁護士を探すこともできますが,その場合,当番制で相談を担当する弁護士が決まるため,相談したい問題の専門家を探すには,少し迂遠な方法かもしれません。

お問合せ・アクセス・地図へ