東京で弁護士をお探しなら【弁護士法人心 東京法律事務所】まで

弁護士法人心 東京法律事務所

どこの弁護士に頼んでも費用は同じですか?

  • 文責:所長 弁護士 石井浩一
  • 最終更新日:2021年3月10日

1 費用は自由に決められる

かつて、弁護士費用は日弁連基準により定められていたため、弁護士の価格競争は生じていませんでした。

しかし、現在では報酬が自由化されているため、それぞれの事務所ないし弁護士ごとに弁護士費用は異なります。

2 相場はあるか

かつて用いられていた日弁連基準が一応の相場ということになりますし、現に今でも日弁連基準のとおり報酬の設定を行っているという事務所も少なくありません。

3 報酬の支払時期

基本的に弁護士報酬は着手金と成功報酬金の2つで構成されています。

参考リンク:日本弁護士連合会・弁護士費用(報酬)とは

着手金は文字通り依頼時に、業務に着手するためにかかる費用ということになるので、依頼の時点で準備が必要なお金です(場合によっては分割払いが認められることもあります。)。

他方、成功報酬金とは、依頼した事案の終了時に、その成果に応じて支払うことになる報酬です。

〇〇という成果の場合に××円、△△という成果の場合に□□円といった形で支払うことになります。

こちらは事案が終了するときに支払うことになりますが、依頼内容が相手方に対してお金の請求をする類のものである場合は、相手方から支払われた金銭の中から成功報酬金を払うことになるケースが多いので、事実上成功報酬金の支払いのためにお金を準備する必要はないということになります。

弁護士費用を比較するときに、総額が同等の場合であっても、着手金と成功報酬金のバランスによって実質的な負担感が変わる場合もあると思いますので、そのチェックは大事になるでしょう。

4 報酬以外の費用

着手金、成功報酬金以外にも郵券代やコピー・FAX代、手数料といった名目の費用が発生します。

少額のケースも多いですが、それなりに高額になるケースもあるので確認した方がよいでしょう。

また、事案によっては裁判になることが見込まれるものもあります。

裁判になると報酬体系が変わることも少なくないので、裁判を想定している場合は裁判になることを前提とした費用の確認をすべきでしょう。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ