東京で法律問題でお悩みの方は「弁護士法人心」まで

弁護士法人心 東京駅法律事務所

弁護士が交通事故で用いる「赤い本」と「青本」

1 赤い本とは

赤い本とは,財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部が発行している「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」という書籍の略称です。

表紙が赤いことから,「赤い本」と呼ばれています。

上巻の基準編と下巻の講演録編とがセットとなっており,毎年2月に改訂版が発行されています。

赤い本は,東京地方裁判所における裁判実務に基づき,交通事故における損害賠償額の算定基準について解説し,参考となる裁判例を掲載しています。

特に東京圏での交通事故の裁判において,裁判官や弁護士が,必ずと言っていいほど参考にする書籍です。

2 青本とは

青い本とは,財団法人日弁連交通事故相談センターが発行している「交通事故損害額算定基準」という書籍の略称です。

表紙が青いことから,「青本」または「青い本」と呼ばれ,隔年で改訂版が発行されています。

青本は,交通事故における損害賠償額の算定基準について解説し,日本全国を対象として,参考となる裁判例を掲載しています。

3 赤い本と青本の活用方法

赤い本や青い本は,治療費,交通費,休業損害,後遺症・死亡による逸失利益,傷害・後遺症・死亡による慰謝料,物損等,損害項目ごとに算定基準を解説し,また,過失割合,損益相殺,減額事由等,損害額を算定する上で考慮されるべき事項についても解説しています。

交通事故の裁判では,赤い本や青本の算定基準を用いて,損害額の算定がなされることが一般的です。

東京地方裁判所及びその周辺の裁判所では,通常,赤い本の算定基準を用いて計算がなされています。

赤い本の下巻に掲載されている裁判官等の講演録は,交通事故における損害賠償に関するさまざまな課題について論じられており,講演録が裁判実務へ与える影響力は大きいといえるでしょう。

他方,青本は,全国を対象としており,交通事故の損害賠償について,体系的・理論的な考察がなされており,損害賠償論についての理解を深めるためにも適しています。

このように,交通事故の裁判では,赤い本や青本が重視されますが,これらに掲載されている算定基準は,あくまで一例との位置づけでであって,唯一絶対の基準ではありません。

そのため,個別の事件ごとの諸事情に応じて変わり得る可能性があることには,留意する必要があります。

お役立ち情報トップ

選ばれる理由へ業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ